【STEPN】ポイントの割り振りはどれにどのくらい割り振ると効率的?【Uncommon編】

NFT
この記事は約8分で読めます。
疑問を持つ人
疑問を持つ人

・レベルアップ時にもらえるポイントを割り振るとどうなる?

・ポイントはどの属性(ステータス)を優先すればいいの?

このような疑問に答えます。

STEPNでは、スニーカーのレベルアップをするとポイントが貰えます。

そのポイントを使ってスニーカーを強化できるのですが、「どのステータスにポイントを割り振ればいいのか分からない」という方もいると思います。

今回はそのような方に向けて、「ポイントをどのように割り振れば効率良くGSTを獲得できるのか」をまとめました。

この記事で分かること
  • ポイントの割り振りで優先すべきこと
  • Efficiency(効率性)にポイントを割り振るとどうなるか
  • Resilience(耐久性)にポイントを割り振るとどうなるか
  • スニーカーの品質ともらえるポイントの量

【STEPN】ポイントは何に割り振れば良いのか

STEPNのスニーカーには下記のようなステータスがあり、それぞれ特有の効果があります。

  • Efficiency(効率性):GST獲得量アップ
  • Luck(運):ミステリーボックスの出現率アップ
  • Comfort(快適性):GMT獲得(レベル30から)・HP(ヘルスポイント)の減少を抑える
  • Resilience(耐久性):リペアコスト削減

STEPNを始めたばかりの人はポイントをどれに割り振ればいいのか迷ってしまいますよね。

では早速結論からいきます。

レベルアップ時にもらえるポイントは、1番目にEfficiency(効率性)、2番目にResilienceを優先して割り振りましょう。

1番優先するのはEfficiency(効率性)

まずEfficiencyの理由から説明します。

Efficiencyにポイントを割り振るメリットは、GSTの獲得量が増えるという効果があるからです。

STEPNではGSTがあらゆるものに使われるので、GSTの獲得量はSTEPN攻略の最重要な要素となります。

GSTの使い道
  • レベルアップ
  • Mint
  • エンハンス
  • リペア
  • リストア
  • ジェムの合成
  • ミステリーボックスの開封

上記のように、STEPNではあらゆるものにGSTが使用されるので、まずはGSTを稼がないと話になりません。

と言うことで、レベルアップ時にもらえるポイントはEfficiencyを最優先に割り振りましょう!

具体的にどのくらい割り振るかは後ほど解説します。


2番目に優先するのはResilience(耐久性)

次に、Resilienceを優先する理由を解説します。

Resilienceはポイントを割り振ることでスニーカーの耐久性の減少や、スニーカーの修理にかかる費用を抑えることができます。

STEPNのスニーカーには耐久性という要素があります。

これはスニーカーを使用する度に減少し、ある一定のラインを下回るとペナルティが発生します。
つまり、定期的にスニーカーの耐久性を回復(リペア)する必要があり、その際にGSTが必要になります。

Resilienceの効果は、耐久性の減少を抑え、リペアコストを減らすという効果があります。


ということで、2番目に優先してポイントを割り振るのはResilienceということになります。

具体的にどのくらい割り振ればいいのかは後ほど解説します。


【STEPN】Efficiency(効率性)にポイントを割り振ると?

Efficiency(効率性)にポイントを割り振るとどうなるのか、今回はSTEPN.Guideから数値をシュミレーションしました。

シュミレーションの条件
  • スニーカータイプ:Walker
  • スニーカー品質:Uncommon
  • レベル:30
  • 消費エナジー:


ポイント獲得GSTポイント獲得GST
105.610017.7
207.9211018.56
309.6912019.39
4011.1913020.18
5012.5214020.94
6013.7115021.68
7014.8116022.39
8015.8317023.08
9016.7918023.75
Efficiencyにポイントを割り振った場合の数値


  • ポイント:Efficiencyに割り振ったポイント
  • 獲得GST:2エナジー消費した際に得られるGST
Efficiencyにポイントを割り振った場合の数値

結果このようになりました。

最初と比べると100ポイントを超えたあたりから徐々にグラフが緩やかになってきていますが、それでも少しづつ上がり続けていますね。

結論 : Efficiency(効率性)の数値は、高ければ高いほど良い。

※「Efficiencyに割り振りすぎてResilienceに割り振れない」という事態にはならないように気をつけましょう。


  • GSTの獲得量は電波状態やランダムで誤差が出るので、表や図はあくまでも目安です。
  • GSTの獲得量はスニーカータイプ(Walker・Jogger・Runner・Trainer)によっても変化します。


【STEPN】Resilience(耐久性)にポイントを割り振ると?

次はResilience(耐久性)にポイントを割り振るとどうなるのかシュミレーションしてみました。(STEPN.Guideから)

シュミレーションの条件
  • スニーカータイプ:Walker
  • スニーカー品質:Uncommon
  • レベル:30
  • 消費エナジー:
ポイント耐久値リペア費用(GST)ポイント耐久値リペア費用(GST)
1 -2124.788~9-67.08
2-1416.5210~13-55.9
3-1112.9814~21-44.72
4-910.6222~39-33.54
5-89.4440~118-22.36
6~7-78.26119~180-11.18
Resilienceにポイントを割り振った場合の数値


  • ポイント:Resilienceに割り振ったポイント
  • 耐久値:2エナジー消費した際に減少する数値(スニーカーのHPのようなもの)
  • リペア費用:2エナジー消費した際に減少した耐久値を回復させるために必要になるGST
Resilienceにポイントを割り振った場合の数値

このようになりました。

この図で分かることは、Resilienceは21ポイントぐらいまでは大体割り振った分、耐久値の減少が抑えられています。

ですが、21ポイント以降は緩やかになり、ほぼ頭打ちになっていますね。

結論 : Resilience(耐久性)は、21~41ポイント程度に抑えて、他はEfficiency(効率性)に割り振った方が手元に残るGSTの量は増える。


耐久値の減少やリペアコストはスニーカーの品質(Common/Uncommon/Rare/Epic/Legendary)によっても左右されます。


【STEPN】スニーカーの品質によって貰えるポイントが変化する

スニーカーの品質によってレベルアップ時にもらえるポイントも量が変化します。

品質ポイントレベル30までのポイント合計
Common4120
Uncommon6180
Rare8240
Epic10300
Legendary12360
1レベル上げる毎にもらえるポイント

このように品質によって合計ポイントが大きく違いますが、Common以上のスニーカーは値段が高くて買えない人も多いと思います。

「高品質のスニーカーを購入できない人は諦めるしかないのか」と思うかも知れませんが、そんなことはありません。

スニーカーにジェムを装着することでもスニーカーを強化することができます。


Gemを装備することでポイントを上げることができる

レベルアップ以外にも下の画像のようなGemをスニーカーのソケットに装着することでスニーカーを強化できます。

引用:STEPN
  • 紫色:Resilience(耐久性)
  • 赤色:Comfort(快適性)
  • 黄色:Efficiency(効率性)
  • 水色:Luck(運)



そして、スニーカーのソケットには色がついてあり、その色に合ったGemを装着できます。

引用:STEPN

なのでスニーカーを購入する前に、どのようなスニーカーにしたいのかを決めて、目的にあったスニーカーを購入しましょう。

【具体例】

GSTをたくさん稼ぎたい➔黄色のソケットが多いスニーカーを購入
高レベルのミステリーボックスを獲得したい➔水色のソケットが多いスニーカーを購入


ジェムとソケットは同じ属性でないと装備できないので注意が必要です。(黄色のジェムは黄色のソケットにしか装備できない)


まとめ

本記事の要約
  • ポイント割り振りの最優先はEfficiency(効率性)
  • 2番目に優先するのはResilience(耐久性)
  • Resilience(耐久性)は、21ポイントあたりから急激にコスパが悪くなるので程々に抑える。
  • Efficiency(効率性)の数値は多ければ多いほど良い。
  • スニーカーの品質が良い程レベルアップ時にもらえるポイントも多くなる。
  • Gemをスニーカーにソケットに装着することでもスニーカーを強化できる。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました