STEPN|Spark(スパーク)とは?購入方法やメリット・デメリットも解説

STEPN
この記事は約8分で読めます。
本ページは広告が含まれています
読者
読者

「STEPN Sparkってなに?どうやって使うの?」

「もうGMTはマーケットプレイスで使えないの?」

「何のためにSparkなんか作ったの?複雑になっただけでメリットなくない?」

この記事はこのような人におすすめです。

この記事でわかること
  • Sparkとは?
  • Sparkの購入と利用方法
  • 既存ユーザーはSparkを使わなくていい理由
  • Spark導入によるメリット



おすすめ取引所の紹介!

僕が利用している国内取引所『ビットバンク(bitbank)』

「セキュリティが強い取引所で安全に取引したい!」

「スプレッド無しで取引したい!」

という方におすすめです。

下リンクの記事で詳しく解説しているので、興味があればご覧ください。

▸国内取引所ではビットバンク(bitbank)がおすすめな理由

STEPN|Sparkとは?

STEPN Sparkとは、アプリ内マーケットプレイスで使用できるポイントです。

利用者はアプリ内でSparkを購入し、NFTの購入に使用することができるようになりました。

ソシャゲのゲーム内課金をイメージしてもらえると理解しやすいと思います。

ちなみにSparkは仮想通貨ではなく、アプリ内マーケットで使用可能なポイントのようなものなので

  • 仮想通貨を購入してSTEPNに送金する方法がわからない
  • STEPNに興味があるけどそのために国内・海外の口座開設するのはめんどくさい

といった人でも気軽にSTEPNを始めることができます。

気軽に小さく始めてイマイチであれば辞めるもよし、本格的にやりたければ口座開設してまとまった資金を入れるもよしです。

補足
  • アプリ内マーケットで購入する時のみ使える(Sparkで購入しても売却する時はGMT)
  • Sparkを換金、送金することはできない
  • 現在iOS版STEPNのみ導入



GMTでスニーカーを購入する方法

iPhoneを利用している身としてはアプリ内マーケットプレイスが復活して嬉しいですが、利用できる通貨がSparkになったことで「もうGMTは使えないの?」と困惑しますよね。

ですがこれまで通りマーケットプレイスでGMTを利用することは可能です。

SparkとGMTは以下の場面で使い分けられています。

  • アプリ内マーケット→Spark
  • ブラウザ版マーケット→GMT

このようにブラウザ版マーケットプレイスであればこれまで通りGMTを利用することができます。

「なぜアプリ内マーケットでGMTが使えないのか」というのは以前と変わらず、通称アップル税と呼ばれるものによりiPhoneアプリ内での課金などに対して手数料がかかることが原因でしょう。



STEPN|Sparkの購入と利用方法

ここではSparkの購入と使用方法について解説していきます。

STEPN Spark 購入 使用方法
  • アプリ内マーケットプレイスを開く
  • 『+Spark』をタップ



STEPN Spark 購入 使用方法
  • Sparkの購入数量を選択
  • 『BUY SPARK』をタップ



STEPN Spark 購入 使用方法
STEPN Spark 購入 使用方法
  • iPhone右側面のボタンをダブルクリックで承認



STEPN Spark 購入 使用方法
  • 画面右上でSparkが追加されたのを確認
  • 購入したいNFTを選択



STEPN Spark 購入 使用方法
  • 『CONFIRM』をタップ



STEPN Spark 購入 使用方法
  • もう一度『CONFIRM』をタップして購入完了

これでSparkの購入からNFTの購入までが完了となります。

従来のNFT購入方法と比較してもかなり簡単に素早くNFTを購入することが可能になりましたね。

STEPN|Sparkは割高なので既存ユーザーは使わなくてOK【デメリット】

いきなりですが、すでに国内と海外の取引所を開設しているSTEPNユーザーはSparkを利用しなくていいです。

理由はアプリ内マーケット(Spark)とブラウザ版マーケット(GMT)を比較するとアプリ内マーケット(Spark)の方がNFTの価格が割高になっているからです。

それもなぜかSparkをまとめ買いするほど1 Sparkあたりの価格が高く、損する仕組みになっています。(これは次の項目で解説します)

まずはアプリ内マーケット(Spark)ブラウザ版マーケット(GMT)でのEffiジェムの各レベル毎の最低価格を見ていきましょう。

Effiジェムアプリ内マーケットブラウザ版マーケット
Lv.14 Spark(40円)1 GMT(37円)
Lv.238 Spark(380円)10 GMT(370円)
Lv.3236 Spark(2,360円)62 GMT(2,294円)
Lv.41054 Spark(10,540円)278 GMT(10,286円)
Lv.54343 Spark(43,430円)1149 GMT(42,513円)
Lv.613955 Spark(139,550円)3693 GMT(136,641円)
Lv.750209 Spark(502,090円)13292 GMT(491,804円)
1 Spark=10円、1 GMT=37円(2023年5月27日時点の価格)

このようにSparkとGMTとでは価格差があり、同じLv.7のEffiジェムでもSparkで購入する際にはさらに1万円ほど多く資金が必要になります。

ちなみに上の表の1 Spark=10円は10 Sparkまとめ買いした時の価格であり、100〜300と多くのSparkをまとめ買いするごとに1 Sparkあたりの価格も高くなります。

Sparkはまとめ買いするほど損する

先ほど少し説明しましたがSparkは大量にまとめ買いするごとに1 Sparkあたりの価格が上がります。

下の表にまとめ買いできる数量と1 Sparkあたりの価格をまとめました。

Spark購入数量価格 1Sparkあたり
10100円10円
30400円約13円
1001500円15円
3004500円15円
2023年5月27日時点の価格

このように10 Sparkの購入と300 Sparkの購入とでは1 Sparkあたりの価格が5円も違います。

10 Sparkずつ課金していくのが一番お得ですが、数千〜数万Sparkが必要な場合は課金回数がとんでもないことになり効率が悪すぎます。

例えば、Lv.6のEffiジェムを購入しようと思うと13955 Sparkが必要になりますが、それぞれの購入数量で何回の課金が必要で合計何円かかるのか計算してみました。

Spark購入数量価格 課金回数合計金額
10100円1396回139,600円
30400円465回186,000円
1001500円140回210,000円
3004500円47回211,500円
Lv.6のEffiジェム(13955 Spark)購入に必要な課金回数と合計金額(※小数点以下は四捨五入)

10 Sparkは一番安く抑えられますが、1400回近くもの課金をしなくてはなりません。

逆に300 Sparkの購入は課金回数を47回に抑えられますが、71,900円も多く費用がかかります。

このようにアプリ内マーケットのSparkは

  • ブラウザ版マーケットと比較してNFT価格が割高
  • まとまった資金をSparkで集めようと思うとかなり損する
  • まとまった数量のSparkを集めようとするとかなりの回数の課金が必要になる

というようなデメリットがあります。

そのため、すでに国内・海外の取引所を開設している人はわざわざSparkを使うメリットはないです。

ちなみにSparkがおすすめできる人は以下のような人です。

Sparkの利用がおすすめな人
  • Lv.1ジェムなど安いNFTを購入したいけどGSTやGMTが無い人
  • 試しに少額でSTEPNを始めようと思っている人(仮想通貨取引所の口座未開設)

Sparkのメリットは購入の簡単さと速さです。

少ない数量であれば多少割高でも購入までの簡単さと素早さのメリットの方が大きいと僕は思います。

STEPN|Spark導入によるメリット

Sparkが導入されることのメリットには、iOS版のSTEPNにアプリ内マーケットが復活したことやNFTの購入が簡単になったことなどがあります。

ですが一番のメリットはSTEPNを始めるハードルが激下がりしたという点です。

これまで「とりあえずお試しで小さく始めたい!」という人でも以下の手順を踏む必要がありました。

口座開設の手順
  1. 国内取引所・海外取引所の口座開設
  2. STEPNのアカウント作成
  3. 国内取引所に入金
  4. XRP購入・海外取引所に送金
  5. XRPをUSDCにトレード
  6. USDCをGMTにトレード
  7. GMTをSTEPNウォレットに送金
  8. スニーカー購入


ですがこれからは最短3ステップでSTEPNを始めることが可能になります。

今後のSTEPN開始までの最短ルート
  1. STEPNアカウント作成
  2. アプリ内マーケットでSpark購入
  3. スニーカー購入


これまでSTEPNは「始めるまでの難易度が高い」という課題がありましたよね。

ですがSparkで簡単にSTEPNを始められるようになることで、これまで口座開設や仮想通貨に苦手意識があった層からも新規ユーザーが見込めそうです。

ここからは僕の個人的な考えですが、STEPNのユーザー数が多くなると次のようなこともできるのではないかと思います。

  • 有名企業やコンテンツとのコラボスニーカーを出しやすくなる
  • STEPNのイベントを主催して企業にスポンサーになってもらいスポンサー料を得る

あくまでも予想ですが、ユーザー数が多ければコラボやスポンサーになった企業側は商品のプロモーションにもなります。

新規ユーザー以外からも利益が出るようになれば、そのお金でGMT/GSTをバーンし、ある程度の通貨価格の維持が可能になりそうです。

そうなればSTEPNのもう一つの課題である「新規ユーザーが減ると通貨やNFTが暴落する」という問題の解決にもなるのではないでしょうか。

まとめ

今回は「Sparkについて」解説してきました。

記事まとめ
  • Sparkはアプリ内マーケットで利用できるポイント
  • Sparkはアプリ内マーケットで購入するときにしか使えない
  • Sparkは出金や換金、送金することができない
  • ブラウザ版マーケットではこれまで通りGMTを利用できる
  • アプリ内マーケットはブラウザ版マーケットと比較して割高
  • Sparkは大量にまとめ買いすると損する
  • SparkによってSTEPNの参入障壁が下がったのでユーザー数増加が見込める
  • ユーザー数の増加は今後STEPNの復活&長続きするのに必要

最後まで読んでいただきありがとうございました。


参考:Apple Pay Integration Breaks New Ground for Web3 Gaming App, STEPN
仮想通貨・NFT投資にはリスクが伴います。ご自身のリサーチとリスク管理を徹底しましょう。



おすすめ取引所の紹介!

僕が利用している国内取引所『ビットバンク(bitbank)』

「セキュリティが強い取引所で安全に取引したい!」

「スプレッド無しで取引したい!」

という方におすすめです。

下リンクの記事で詳しく解説しているので、興味があればご覧ください。

▸国内取引所ではビットバンク(bitbank)がおすすめな理由

コメント

タイトルとURLをコピーしました