【STEPN】Mintの費用と必要な条件などを解説!

NFT
この記事は約9分で読めます。
疑問を持つ人
疑問を持つ人

・STEPNのMintってなに?簡単に解説してほしい。

・Mintにかかる費用はどのくらい?

・Mintでレア度の高いスニーカーが出る確率を知りたい。

このような疑問に答えます。



こんにちは!

STEPNにはMint機能がありますが、

「そもそもどういったルールなのかわからない」

「Mintの費用や確率がわからない」

という方もいると思います。

ということで今回は、STEPNのMintについて出来るだけ簡単に解説していこうと思います。

本記事の内容
  • Mintとはどういったものなのか
  • Mintするために必要な条件
  • Mintに必要な費用(コスト)
  • Mintで生まれるスニーカーの確率について

【STEPN】Mintとは?わかりやすく解説します。

Mint(ミント)とは、保有する2足のスニーカーを掛け合わせて、新たにスニーカーを生み出す事ができる機能です。

Commonのスニーカーを2足持っている人は、Mintを行うことで新たにスニーカーを手に入れることが出来ます。
この時、Mintに使用したスニーカーは失われないので合計3足の保有となります。


STEPNでは、購入以外にもMintでスニーカーを増やすことが出来ます。

MintではShoebox(シューボックス)という形で受け取る

Mintでは、直接スニーカーが生まれるわけではありません。

Shoebox(シューボックス)という『スニーカーの卵』のような形で受け取ることになります。

そして受け取ったユーザーは、Shoeboxからスニーカーを取り出すかどうかを選ぶ事ができます。

ちなみに、CommonのスニーカーとCommonのShoeboxだと、CommonのShoeboxの方が高く取引されます。


Shoeboxを開けてスニーカーを取り出すか、Shoeboxのまま売却してSOLを稼ぐかはあなた次第です。


【STEPN】Mintをするために必要な条件4選

スニーカーを買わなくても増やす事ができるMint機能ですが、それを行うためには条件があります。

以下の条件を満たしていないとMintをする事ができないので把握しておきましょう!

Mintの条件
  • Mintするスニーカーのレベルが5以上になっている。
  • スニーカーのDurability(耐久性)が100になっている。
  • 2足のスニーカーのMint回数が上限の7回に達していない
  • スニーカーを購入後・Mint後・ウォレットに送付後から72時間経過している。


条件1:Mintするスニーカーのレベルが5以上になっている

Mintを行うには、Mintに使用するスニーカー2足ともレベル5以上にする必要があります。

どちらか片方でも5レベル以下だと、Mintを行えないので確認しておきましょう。

条件2:スニーカーのDurability(耐久性)が100になっている

Mintの条件2つ目は、スニーカーのDurability(耐久性)がMax(100/100)になっている必要があります。

Durability(耐久性)とは、スニーカーの消耗度です。

現実のスニーカーも使用すれば靴底がすり減っていくように、STEPNのスニーカーも使用すれば消耗していくようです。


この数値が100にしないとMintができないので注意です。

Durability(耐久性)の回復にはリペアを行う必要があります。


条件3:2足のスニーカーのMint回数が上限の7回に達していない

Mintの条件3つ目は、親となるスニーカー2足ともMintの回数の上限に達していないことです。

STEPNでは、同じスニーカーで何度もMintし、無限にスニーカーを増やすことはできません。

スニーカー1足あたりのMint回数は、MAXで7回までとなっています。


スニーカーのMint回数を確認する方法

上の画像の赤枠で、そのスニーカーが過去に何回Mintを行ったのかを確認できます。

この数値が7/7になっているスニーカーは、もうMintをする事はできません。

また、過去のMint回数が多いスニーカーほど、次のMintにかかる費用も多くなるので、スニーカーを購入する際には注意が必要になります。

スニーカーを購入する際には、Mint回数も確認しましょう。Mint回数が多いスニーカーほど安く売られているので注意。


条件4:スニーカーを購入後・Mint後・ウォレットに送付後から72時間経過している

Mintの条件の4つ目は、スニーカーを購入後・Mint後・ウォレットに送付後から72時間経過している事です。

STEPNではスニーカーを入手後にクールダウンというものが発生します。

クールダウンの72時間はMintすることが出来ません。

クールダウンのタイミング
  • スニーカー購入後
  • スニーカーMint後
  • ウォレットにスニーカーが送付後


【STEPN】Mintにかかる費用

ここではMintにかかる費用について解説します。

Mintにかかる費用
  • ミントスクロール
  • GST&GMT


Mint費用:ミントスクロール

Mintをする際には、ミントスクロールというアイテムが必要です。

ミントスクロールには、スニーカーと同様に5つの品質(Common/Uncommon/Rare/Epic/Legendary)があります。


ではMintとミントスクロールには、具体的にどのようなルールがあるのか解説します。

Mintとミントスクロールのルール
  • 1回のMintで2枚のミントスクロールが必要
  • スニーカーの品質とミントスクロールの品質が同じでないといけない

このようになっています。

つまり、Common同士のMintであればCommonのミントスクロールが2枚必要です。

Common×Common : Commonのミントスクロールが2枚必要

Common×Uncommon : CommonとUncommonのミントスクロールが1枚ずつ必要

Uncommon×Rare : UncommonとRareのミントスクロールが1枚ずつ必要


Mint費用:GST&GMT

Mintにかかる費用はミントスクロールの他に、GSTとGMTがあります。

現在のMint費用については下の表を見てください。

0/7や1/7はスニーカーのMint回数です。

Mint回数がどちらも0回で、Commonスニーカー同士のMintは360GSTと40GMTが費用になります。

この図でわかる事は、Mint回数が1/7まではMint費用が変わらないという事です。

2/7以降はMint費用が高くなるので、1足あたりのMint回数は1/7で抑えておくと余計な出費を抑えられます。

ちなみに、スニーカー1足あたりの費用はこのようになっています。

もしCommonとUncommonのMintを行う場合は、CommonとUncommonの費用を足した金額になります。

【Common(Mint0回)とUncommon(Mint0回)の費用】
GST : 180+680=860GST
GMT : 20+120=140GMT

【Common(Mint回数3回)とUncommon(Mint回数4回)の費用】
GST : 270+1190=1460GST
GMT : 30+210=240GMT


【STEPN】Mintでレア度の高いスニーカーが生まれる確率は?

Mintでは、親スニーカーの品質やタイプが、生まれてくるスニーカーに遺伝することがあります。

ですが、稀に親スニーカー以上に高品質なスニーカーが生まれることもあり、このガチャ要素がMintの魅力です。

もし、Common同士のMintでUncommonが生まれたり、Walker同士のMintでTrainerが生まれると大きな利益となります。

興味がある人は是非見てみてください。

Mintの確率
  • Shoebox(シューボックス)の確率
  • Shoebox(シューボックス)から生まれるスニーカーの確率
  • 生まれるスニーカータイプの確率


生まれてくるShoebox(シューボックス)の確率

Mintによって生まれてくるShoeboxの確率は下の表のようになっています。

引用:STEPN WHITEPAPER
引用:STEPN WHITEPAPER

上の表からは、スニーカーの品質と生まれてくるShoeboxの品質は比例するという事がわかります。

Shoebox(シューボックス)から生まれてくるスニーカーの確率

先ほど『Mintで生まれてくるShoeboxの確率はスニーカーの品質と比例する』と説明しました。

Common同士のMintでは、CommonのShoeboxが出てくる。


これでは何かつまらないですよね。

ですが安心してください。

Shoeboxから生まれてくるスニーカーは、親スニーカーの品質より高品質なスニーカーが生まれる可能性があります。

引用:STEPN WHITEPAPER


CommonのShoeboxでも、3%の確率でUncommonのスニーカーが生まれる

UncommonのShoeboxでも、2%の確率でRareのスニーカーが生まれる



親スニーカーの品質以上のShoeboxが出る確率は低くても、Shoeboxの品質以上のスニーカーは生まれる可能性があります。

実際にTwitterを探すと、CommonのShoeboxからUncommonのスニーカーが生まれている人がいました。


生まれてくるスニーカータイプの確率

最後に、生まれてくるスニーカーのタイプの確率について紹介します。

引用:STEPN WHITEPAPER

こちらは品質よりは確率がバラけていますね。

Walker同士のMintでもTrainerが生まれる確率が3%もあります。

Trainerは対応速度が1~20km/hということもあり、マーケットプレイスでは他のタイプのスニーカーより高値で取引されます。

まとめ

本記事の要約
  • Mintとは保有する2足のスニーカーを掛け合わせて、新たにスニーカーを生み出すことが出来る機能
  • Mintの条件は『Mintするスニーカーのレベル5以上』『スニーカーの耐久性がMAXになっている』『スニーカーのMint回数が上限に達していない』『72時間のクールダウンが終わっている』
  • MintにはミントスクロールとGST・GMTが必要

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました