【STEPN】Mint(ミント)とは?Mintに必要な条件と費用などを解説!

NFT
この記事は約8分で読めます。
疑問を持つ人
疑問を持つ人

・Mintってなに?

・Mintが出来ない…原因を教えてほしい。

・Mintにかかる費用はどのくらい?

・Mintでレア度の高いスニーカーが出る確率を知りたい。

このような疑問に答えます。

本記事の内容
  • Mintとはどういったものなのか
  • Mintするために満たしておく必要がある条件4つ
  • Mintにはどのくらいの費用がかかるのか
  • Mintで生まれるスニーカーの確率について

STEPNのMint(ミント)機能とは?

Mint機能とは、保有する2足のスニーカーを掛け合わせて、新たにスニーカーを生み出す事ができる機能です。

ちなみに、親となる2足のスニーカーからは直接スニーカーが生まれるわけではなく、Shoebox(シューボックス)という『スニーカーの卵』のような形で受け取ることになります。

そして受け取ったユーザーはShoeboxからスニーカーを取り出すかどうかを選ぶ事ができます。

RYO
RYO

まるでポケモンのような要素ですよね!

実際にどのような感じなのか、Twitterに動画があったので紹介します。

RYO
RYO

Mintで生まれるスニーカーは、基本的に親のスニーカーのレア度・タイプなどが遺伝します。

Mintをするために必要な条件4つ

スニーカーを買わなくても増やす事ができるMint機能ですが、行うために必要となる条件があります。

この条件を満たしていないとMintをする事ができないので把握しておきましょう!

Mint条件
  • Mintする2足のスニーカーがどちらもレベル5以上になっている。
  • スニーカーを購入orウォレットに送付してから48時間経過している。
  • スニーカーのDurability(耐久性)が100である。
  • Mintするスニーカー2足のMint回数が上限の7回に達していないこと。

Durability(耐久性)とは?

Durability(耐久性)とは、簡単に説明するとスニーカーのHPのようなものです。

この数値が100にしないとMintができないので注意です。

もし下の画像のように100を下回っている場合にはリペアをする必要があります。

スニーカー1足あたりのMintを行える回数は最大7回まで

スニーカー1足で無限にMintしてスニーカーを増やすことはできません。

上の図のように、スニーカーには過去に何回Mintを行ったのかがわかるゲージがあります。

この数値が7/7になっているスニーカーはMintができなくなります。

そのほか、過去のMint回数が多いスニーカーほど次のMintにかかる費用も多くなるので、スニーカーを購入する際には注意が必要になります。

RYO
RYO

Mint回数が多いスニーカーは安く売られているので、今後Mintをしたいと思っている人は注意!

Mintにかかる費用

Mintする際に必要になる費用がこのようになります。

単位:GST
単位:GST

上の図を見るとMint回数が0回目と1回目のスニーカーはMintの費用が一番安くなっていることがわかります。

このことを踏まえると、1足のスニーカーあたりのMint回数は2回までにし、新たに生まれたスニーカーをMintしていくとコスパが良いのでおすすめです!

ちなみにMintするスニーカーのレア度ごとにMintに必要な通貨が変わります。

・Common➡GST

・Uncommon➡GST

・Rare➡GST+GMT

・Epic➡GST+GMT

・Legendary➡GST+GMT

Mintでレア度の高いスニーカーが生まれる確率は?

Mintでは掛け合わせる2足の親スニーカーによって、生まれるスニーカーのレア度やタイプが変化します。

確率は低いですが、親スニーカーよりもレア度が高いスニーカーが生まれる可能性があるので、もしレア度の高いスニーカーが生まれた際には大きな利益となります!

Mintの確率
  • MintされるShoebox(シューボックス)の確率
  • Shoebox(シューボックス)から生まれるスニーカーの確率
  • 生まれるスニーカータイプの確率

MintされるShoebox(シューボックス)の確率

上の図でわかる事は、CommonとCommonのスニーカーから生まれるShoeboxは、100%CommonのShoebox。

CommonとUncommonのスニーカーから生まれるShoeboxは、Commonが50%、Uncommonが49%とだいたい半々の確率。

CommonとRareのスニーカーから生まれるShoeboxも、Commonが50%、Rareが49%となっています。

こう見るとCommonのスニーカーしか持っていない人はUncommonやRareのスニーカーは手に入らないかと思われますが、実はそんな事ありません。

確率は低いですがCommonのShoeboxからでもUncommonのスニーカーが生まれる可能性はあります!

Shoebox(シューボックス)から生まれるスニーカーの確率

Commonのスニーカーしか持っていない人は、MintをしてもCommonのShoeboxしか出ないのでなんか残念ですよね。

ですが安心してください!

CommonのShoeboxからでもUncommonのスニーカーが生まれる確率は0%ではないです!

上の図のようにCommonのShoeboxからでも3%の確率でUncommonのスニーカーが生まれます。

つまり1足でもUncommonのスニーカーを持っていれば、CommonとUncommonのスニーカーのMintでUncommonのShoeboxが出現する確率は49%です。

このUncommonのShoeboxからは73%の確率でUncommonが生まれます。

Uncommonのスニーカーが2足揃いさえすれば、さらにレア度の高いスニーカーが揃いやすくなります。

RYO
RYO

2回Mintをしたスニーカーは売却し、次のMint費用にすると短期間でたくさんのMintを行う事ができます!

生まれるスニーカータイプの確率

STEPNのNFTスニーカーにはWalker/Jogger/Runner/Trainerの5つのタイプがあります。

そしてこれらも親のスニーカーから遺伝する要素になります。

ここで狙いたいのが適正速度が1〜20kmのTrainerですね!

Trainerは基本どの組み合わせでも生まれる可能性はあります。

もし生まれた場合はメインのスニーカーとして使用するのもよし、他のタイプと比較しても高価なので売却して利益にするのもよしです!

STEPNのMintとは?【まとめ】

Mintとは【まとめ】
  • Mintとは、保有する2足のスニーカーを掛け合わせて新たにスニーカーを生み出す事ができる機能のこと。
  • 新たに生まれるスニーカーのレア度やタイプは、親となる2足のスニーカーから遺伝する。
  • Mintの流れは、Mint➡Shoeboxが出現➡Shoeboxからスニーカーを取り出すか選ぶ、といった流れになる。
Mintの条件【まとめ】
  • Mintするスニーカー2足ともレベル5以上のスニーカーであること。
  • スニーカーを購入後orウォレットへ送付後から48時間以上経過していること。
  • スニーカーのDurability(耐久値)が100であること。(100じゃない場合はリペアが必要)
  • Mintするスニーカー2足とも過去のMint回数が上限の7回に達していないこと。
Mint費用【まとめ】
  • Mint回数が0回と1回のスニーカーはMint費用が安い。
  • 1足あたりのMint回数は2回に抑え、新しいスニーカーをMintすると効率よくスニーカーを増やす事ができる。
  • Mint回数が2回に達したスニーカーは売却して次のMint費用にあてると短期間で多くのMintを行えるのでおすすめ。
Mint確率【まとめ】
  • 親となるスニーカーのレア度以上のスニーカーがMintで生まれる可能性は低いが、0ではないのでチャレンジする価値は十分にある。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました