【STEPN】みんなは雨の日どうしてる?雨対策アイテムも紹介します。

NFT
この記事は約5分で読めます。
疑問を持つ人
疑問を持つ人

・雨の日もSTEPNしたいけど、どうするのが最適なんだろうか?

・雨対策のアイテムはどのようなものがあるの?

このような疑問に答えます。

この記事で分かること
  • 雨の日のSTEPNはみんなはどうしているのか。
  • 雨対策のアイテムはどのようなものがあるのか。

【STEPN】みんなは雨の日どうしているの?

STEPNは屋内では稼げないので、雨の日も外で歩いたり、走ったりしなければなりません。

みんな雨の日はどうしているのでしょうか?

ちなみに僕は、小雨であれば傘をさして歩く派です。

Twitterでは雨の日でもSTEPNをやっている人と、雨の日はSTEPNを休む人の2種類に分かれます。

ここではそれぞれツイートを紹介したいと思います。

雨の日でもSTEPNする派


諦めてSTEPNを休む派

最近は雨の日でもSTEPNする人はだいぶ減ったなぁと思います。

実際Twitterを探してもあまり見つかりませんでした。

一時期、STEPNがバブル状態の時なんかは毎日数十万円稼げたりしたので、雨の日でも20エナジー分走ったり歩いたりいていた人がかなりいました。

今はほとんどの人が、1日数百円から数千円しか稼げなくなっているので「雨降ってるなら休む」という人が多くなっているんだと思います。

【STEPN】雨の日の対策グッズはどのようなものがある?

最近はSTEPNでは稼げないため、「雨の日にわざわざやらなくてもいいかな」という人が多くなっている印象です。

ですが稼げないとしても、運動習慣やダイエットのためを考えると『毎日行って習慣化する』というのは重要な事です。

習慣するコツは休まないことです。

一度「雨だから今日はいいや」ってなると、徐々に休むためのハードルが低くなります。

その結果、月一回の休みが週一回になり、そのうち週に2〜3回休むというように徐々にやる気が起きなくなります。

毎日ランニングしている人は体に疲労が蓄積するので、雨の日ぐらいは休んだほうがいいかもしれません。

STEPNでWalkerやJoggerのスニーカーを利用している方であれば、一回の負担は小さいので疲労に蓄積はあまりないと思います。

ここでは、雨の日でもウォーキングする際にあると便利な、雨対策グッズを紹介します。

レインウェア

雨の中ウォーキングするのであれば、レインウェアは欠かせません。

レインウェアを着ることで雨に濡れることや、濡れることで体温が低下することも防いでくれます。

雨の日のウォーキングに欠かせないレインウェアですが、大きく分けて3つのタイプがあります。

レインウェアのタイプ
  • レインウェア・レインスーツ:上下が分かれたタイプ。ウォーキングに最適。
  • レインコート:丈の長いコートタイプ。足元が濡れてしまうことがある。
  • レインポンチョ:気軽に使えるのはいいが、下からの風に弱いことや雨で足元が濡れやすい。

短時間のウォーキングや、雨や風が弱いときはレインコートで十分かもしれません。

ですが雨や風が強い日や、長時間ウォーキングするのであれば、上下に分かれているレインウェアを着ると動きやすく、防水性能も優れているので快適です。

防水シューズ

レインウェアと同様、防水シューズも雨の日のSTEPNには欠かせませんね。

選ぶ時のポイント
  • 滑りにくいシューズ
  • 歩きやすいシューズ
  • 透湿性があるもの

雨の日は足元が悪く、滑りやすいです。

もし転倒して怪我してしまうとSTEPNができなくなってしまいます。

防水シューズを選ぶ際は滑りにくく歩きやすいものを選ぶことをおすすめします。

また、雨の日は靴の中が蒸れやすいので、透湿性のある防水シューズを選ぶと、より快適に雨の日のSTEPNを楽しむことができます。

透湿性とは、内側から外側へ水蒸気を出す性能のことです。


防水スマホケース

雨の日にSTEPNをするときは防水スマホケースがあるとさらにいいです。

防水スマホケースを選ぶ際には、防水性能を見て購入しましょう。

具体的には『IPコード』見ましょう。

IPコードとは、防塵性能や防水性能を数字で表したものです。

IPコードにはIP○○というように、数字が続き、左側の数字が防塵性能、右側の数字が防水性能の等級を示しています。
・防塵性能だけを表したIPコードは、IP4XやIP5Xのように、防水性能が『X』で省略される。

・防水性能だけを表したIPコードは、IPX4やIPX5のように、防塵性能が『X』で省略される。
保護等級IPコード保護の内容
0IPX0保護されていない。
1IPX1鉛直(垂直)に落下する水滴から保護される。
2IPX215度以内で傾けても鉛直(垂直)に落下する水滴からも保護される。
3IPX3左右60度以内で傾けても垂直に落下する水滴から保護される。
4IPX4いかなる方向から水の飛沫であっても保護される。
5IPX5いかなる方向からの直接噴流にからも保護される。
6IPX6いかなる方向からの強い直接噴流からも保護される。
7IPX7一定の水圧、時間であれば沈めても保護される。
8IPX8継続的な水没からも保護される。
防水性能

STEPNで雨の日のウォーキングであれば、最低でも『IPX5』以上であると安心ですね。

まとめ

今回は、『STEPNerのみんなは雨の日どうしているのか』『雨対策グッズ』について紹介してきました。

最近STEPNは稼げないですが、いつか稼げるようになった時に利益を出すために、日々歩いて再投資し、来る日に備えましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました