STEPN|国/Realm(レルム)とは?特徴とおすすめを紹介

STEPN
この記事は約7分で読めます。
読者
読者

「STEPNについて調べるとS国とかB国とかレルムとか言ってる人いる。なに言ってるかわかんないから教えて。」

「国やレルムにはどんな種類・特徴があってどこがおすすめなの?」

「他の国も利用してみたい。どうやればいい?」

本記事はこのような人におすすめです。

この記事でわかること
  • 国/Realm(レルム)の意味
  • それぞれの国/Realm(レルム)の特徴
  • おすすめな国/Realm(レルム)
  • 国/Realm(レルム)を変更する方法


※おすすめな国内取引所について紹介!

ビットバンク(bitbank)には以下の条件の方におすすめです。

    • 現在販売所のスプレッドで損している、スプレッド無しでお得に取引したい
    • セキュリティが強固で安心して利用できる取引所を探している
    • 2つ目の取引所の口座開設を検討中

詳しくは下記事をご覧ください。

▶︎ビットバンクがおすすめな理由

STEPN|国/Realm(レルム)とは

STEPN界隈でよく耳にするS国やB国、またはRealm(レルム)ですが、これを一言で説明すると『各ブロックチェーン上に作られたSTEPN』のことです。

現在STEPNは、Solana / BNB Chain / Ethereumの計3つのブロックチェーンを基盤に作られています。

ブロックチェーンSTEPN公式の名称ユーザー側が使っている名称
SolanaSolana RealmS国
BNB ChainBNB RealmB国
EthereumAPE RealmA国(E国)



〇〇国と〇〇レルムがごっちゃになり訳がわからなくなってしまいますが、〇〇レルムという呼び方はSTEPN公式の呼び方です。

Realm(レルム)とは、「領域」「王国」という意味



そして〇〇国という呼び方は、よくX(旧Twitter)で呼ばれている呼び方ですね。

例えばS国は、Solana Realmの頭文字「S」と、Realm(レルム)の「領域」「王国」という意味を合わせてS国という呼び方をしています。

Ethereum STEPN の A国は E国とも呼ばれます。ていうかどちらかというと E国としか呼ばれません。(以降 A国ではなく E国と記載します。)


STEPN|各国・各Realm(レルム)の特徴

STEPNの各国の特徴は、S国B国→A国/E国の順で通貨やNFTの価格が高くなるという点です。

Realm(レルム)GST価格GMT価格スニーカー価格特徴
Solana(S国)安い共通安い特になし
BNB(B国)共通特になし
Ethereum(E国)高い共通高い背景・スニーカーデザインが特殊
各国の特徴・違い

GMT価格は3国で共通しています。



具体的に通貨やNFTにどのような違いがあるのか現状を見ていきましょう。

Solana STEPN(S国)の現状(2024年5月15日時点)

最低価格出品数
スニーカー(Walker)209 GMT2,785
Lv.1 ジェム(E)1.62 GMT10,664
ミントスクロール(Common)114.97 GMT1,437
Solana STEPN(S国)


BNB STEPN(B国)の現状(2024年5月15日時点)

最低価格出品数
スニーカー(Walker)149 GMT544
Lv.1 ジェム(E)1.26 GMT27,346
ミントスクロール(Common)114 GMT465
BNB STEPN(B国)


Ethereum STEPN(E国)の現状(2024年5月15日時点)

最低価格出品数
スニーカー(Walker)589 GMT95
Lv.1 ジェム(E)5 GMT1,071
ミントスクロール(Common)556 GMT48
Ethereum STEPN(E国)


STEPN|どこの国/Realm(レルム)がおすすめ?

ここまで色々と解説してきましたが、「結局どの国・Realm(レルム)で始めた方がいいの?」という人もいると思います。

結論
  • お金に余裕がある & GSTで稼ぎたい → E国
  • お金に余裕がない or GMTで稼ぎたい → S国 or B国

もう少し詳しく解説します。

お金に余裕がある & GSTで稼ぎたい人に E国がおすすめな理由

お金に余裕がある & GST で稼ぎたい人にE国がおすすめな理由は

  • GST価格が高め
  • NFT価格(初期費用)が高め

だからです。

時期にもよりますが、S国 B国の倍くらいは稼げるかと思われます。

さらにE国の出品数が少ないところを見ると特定の大口が大金を投入するだけで「NFT価格が爆上げ」なんてこともありえます。

逆に特定の大口が撤退するだけで「NFT価格が大暴落」なんてこともありえます。

良い意味でも悪い意味でも価格変動が激しい国ということですね。

お金に余裕がない or GMTで稼ぎたい人に S国 B国がおすすめな理由

お金に余裕がない or GMTで稼ぎたい人にS国B国がおすすめな理由は

  • NFT価格が安い(初期費用が安い)
  • GMT価格が共通している

からです。

S国 B国は E国と比較して NFT価格が安いです。

その分 GST価格も安いのですが、GMT価格は共通しています。

つまり、S国 B国はスニーカーやジェムを安く揃えて効率よくGMTを獲得できるということです。

さらにNFTの出品数を見ても分かるとおり、S国 B国は E国と比較してかなりの出品数になっていますよね。

これでも現在の価格を維持しているということは特定の大口の資金で簡単に変動しにくいということです。

これはいい意味でも悪い意味でも安定しているということになります。

将来的にNFT価格が爆上げする可能性は低いですが、ある程度安定して長生きするのではないかと思います。

STEPN|国/Realm(レルム)を変更する方法

今回はS国からA国へ変更する手順を画像で解説します。

STEPN Realm変更
  • 画面左上をタップ
STEPN Realm変更
  • 『Multi-chain Switch』をタップ



STEPN Realm変更
  • 『Ethereum(ERC20)-APE』を選択
STEPN Realm変更
  • 画面右上をタップ



  • 『Create a new wallet』をタップ



Create a new wallet(新しいウォレットを作成する)を選択するとシードフレーズが表示されます。

シードフレーズを安全な管理方法で保管したら、I HAVE WRITTEN DOWN(私は書き留めましたをタップしてください。

STEPN Realm変更

上の赤文字は下記のようなことが書かれています。

資金を失う危険を冒さないでください。信頼できる場所にシードフレーズを保存して、ウォレットを守りましょう。アプリからロックアウトされたり、新しいデバイスに変更されたりした場合、ウォレットを回復する唯一の方法です。

シードフレーズを紛失した場合、ウォレットの復元が出来なくなります。

また、第三者にシードフレーズが流出した場合も、ウォレット内の資産が盗難にあう可能性があるので他人に教えるようなことは避けましょう。

例えSTEPN運営を名乗る者がシードフレーズを教えるようにDMを送って来たとしても絶対に教えてはいけません。

  • シードフレーズを管理したら『I HAVE WRITTEN DOWN』をタップ



先ほど表示されたシードフレーズと同じ順番で下記の英単語をタップしていきましょう。

STEPN Realm変更

画像にある赤文字には下記のように書かれています。

シードフレーズを順番に選択し、シードフレーズが正しく書かれていることを確認してください。一度忘れると回復できません。
  • シードフレーズの順番に英単語をタップ
  • 『Send code』をタップ
  • アドレス宛に届いた確認コードを『Email verification code』にコピペ
  • Google認証コードをコピペ



これでA国のウォレット作成が完了です。

STEPN Realm変更



STEPN|複数の国/Realm(レルム)で運用すると利益増加

当然ですが複数のRealm(レルム)/国で運用すると利益が倍増します。

(例)
・S国 B国で毎日20エナジー(計40エナジー)歩く
・S国 B国 E国で毎日20エナジー(計60エナジー)歩く



これはSTEPNの規約的にもOKな手法で実際に行っている人はたくさんいます。

スマホを複数台を同時起動してMOVEすることは禁止されてます。



さらに必然的に移動距離やエナジー消費量が増えるため、「移動距離系のバッジ」「消費エナジー系のバッジ」を獲得することが出来る点もメリットです。

高品質バッジには将来的にエアドロがある可能性も高いのでその点で見ても可能であればおすすめですね。

1日20エナジーで物足りない方には複数レルムで運用するのもおすすめ!


まとめ

今回は『STEPNの国/Realm(レルム)』について解説して来ました。

記事まとめ
  • Realm(レルム)/国とはそれぞれのブロックチェーンを基盤に作られたSTEPNのこと
  • 公式では〇〇Realmという表記が正しい
  • GSTは各国で価格が分かれている
  • GMTは各国で価格が共通している
  • お金に余裕がある&GSTで稼ぎたい人にはE国がおすすめ
  • お金に余裕がない or GMTで稼ぎたい人にはS国B国がおすすめ
  • 複数の国で運用するのはOK



最後まで読んでいただきありがとうございました。

※おすすめな国内取引所について紹介!

ビットバンク(bitbank)には以下の条件の方におすすめです。

    • 現在販売所のスプレッドで損している、スプレッド無しでお得に取引したい
    • セキュリティが強固で安心して利用できる取引所を探している
    • 2つ目の取引所の口座開設を検討中

詳しくは下記事をご覧ください。

▶︎ビットバンクがおすすめな理由

コメント

タイトルとURLをコピーしました