STEPN(ステップン)をコインチェックで始めると損をするという話。

NFT
この記事は約8分で読めます。
疑問を持つ人
疑問を持つ人

STEPNを始めようと思って調べたけど、いろんなサイトでコインチェックをすすめられているな。本当にコインチェックがおすすめなの?

このような疑問に答えます。

STEPNについて調べると、コインチェック(もしくはビットフライヤー)を勧めるような内容の記事がかなり多いですよね。

そのため、どの記事でも勧められているからという理由でコインチェックを利用すると、

損してしまう可能性が高いです。

今回はそのような人を減らすために執筆しました。

ぜひ最後まで読んでいただけると嬉しいです。

本記事で分かること
  • コインチェックを使うと損する理由
  • コインチェックを勧める記事が多い理由
  • STEPNを始める際におすすめな取引所

STEPNを始める際にコインチェックを使うと損する理由

まずSTEPNを始めるには、ざっくりと以下の手順が必要です。

  1. 国内取引所で仮想通貨を購入(⬅︎様々な記事でコインチェックやビットフライヤーが勧められている)
  2. 海外取引所に送金
  3. SOL・BNBのどちらかを購入
  4. STEPNのウォレットに送金
  5. スニーカーの購入

※海外取引所に直接入金や、国内取引所からSTEPNに送金するなど、方法は一つではありませんが今回は省略します。

様々な記事で勧められているコインチェックは、

国内の仮想通貨取引所なので一番最初の手順となります。

少し説明が長引きましたが、結論は、

  • 取引所(板取引)での取り扱い銘柄数が少ない
  • 販売所はスプレッドが高い


コインチェックを利用すると損する理由はこの2つです。

取引所(板取引)での取り扱い銘柄数が少ない

コインチェックは取引所(板取引)での取り扱い銘柄数がかなり少ないです。

コインチェックはよく、取り扱い銘柄数が多いことでおすすめされることが多いですが、

それは『販売所』の話で、『取引所』ではビットコイン(BTC)のみです。

取り扱い銘柄数
販売所16種
取引所1種(BTCのみ)
引用:coincheck

つまりBTC以外の通貨を取引しようと思うと、必然的に販売所で取引する必要があり、

スプレッドでかなり損します。

そのため、今後ビットコイン以外の通貨も取引したいと少しでも考えているのであれば、

わざわざコインチェックを利用するメリットはあまりないかと思います。

販売所と取引所(板取引)の違い

国内の仮想通貨取引所には販売所と取引所(板取引)という2種類の取引方法があります。

その違いは簡単にいうと、

「取引相手が仮想通貨交換業者なのか、取引所を利用するユーザーなのか」です。

販売所取引所(板取引)
取引相手仮想通貨交換業者(コインチェック・ビットフライヤーなど)取引所を利用するユーザー
メリットスムーズに取引が可能、初心者でも簡単スプレッドがない
デメリットスプレッドでかなり損する取引が慣れるまでは少し難しい


販売所はスプレッドが高い

続いてコインチェックを利用すると損する可能性が高い理由は

「販売所のスプレッドが高いから」です。

スプレッドとは、見えない取引手数料のようなもので

販売所では通貨を買う時と売る時の値段に大体5%前後の価格差があります。(価格差は状況によって変動します)

つまり、通貨を購入してすぐに売却すると購入額の5%前後は損することになります。

【コインチェック】1BTC買値と売値の価格差(2022年8月9日現在の価格)
買値:3,313,600円
売値:3,118,300円
価格差:195,300円(⬅︎スプレッド)

【コインチェック】1ETH買値と売値の価格差(2022年8月9日現在の価格)
買値:248,400円
売値:231,420円
価格差:16,980円(⬅︎スプレッド)

ビットコイン(BTC)の場合はコインチェックの取引所(板取引)でも取り扱っているので、

スプレッドを気にする必要はないです。

ですが、取引所で扱っている通貨がBTCのみというデメリットが大きいので、

BTCに以外も興味ある人は利用しなくて良いと思います。

STEPNを始めたい人にコインチェックを勧める内容の記事が多い理由

ではなぜ、様々な記事でコインチェックを勧められているのかというと、

「儲かるから」です。

記事内のリンクからコインチェックの口座開設をしてもらうと

サイト運営者がアフィリエイト収入をもらえる仕組みになっています。

国内仮想通貨取引所一件あたりのアフィリエイト収入
bit Flyer(ビットフライヤー)10,000円
Coincheck(コインチェック)8,000円
フォビジャパン3,400円
bitbank(ビットバンク)3,000円
GMOコイン2,000円
BITPOINT1,500円

上の表を見ると、ビットフライヤーとコインチェックは一件あたりの収入が大きいのが分かると思います。

その結果、異常なほど様々な記事でおすすめされるということになっているのが現状。

多分「仮想通貨の始め方」などの記事をいくつか読んだことある人は、

どの記事でも無理やりコインチェックとビットフライヤーをごり押ししているということに気づいていると思います。

もう一度言いますがその理由は、良い取引所だからではなく「儲かるから」ごり押ししているということです。

コインチェックがおすすめな人

ここまで散々言いましたが、コインチェック絶対に使うなとは言いません。

コインチェックをおすすめする人はビットコインしか取引しないという人です。

ビットコインであれば取引所で取引可能なのでスプレッドを気にする必要がありません。

ですが他の通貨の取引したいと思うのであればおすすめしません。

STEPNを始める際おすすめな国内の仮想通貨取引所

「じゃあどこの仮想通貨取引所いいの?」と言った疑問が出ると思います。

ここではこれからSTEPNを始めたい人だけでなく、これから仮想通貨を始めたい人におすすめの国内取引所を紹介します。

おすすめの国内取引所
  • bitbank(ビットバンク)
  • GMOコイン
  • FTX JP


bitbank(ビットバンク)

まず、おすすめはビットバンクです。

おすすめポイント
  • 取引所(板取引)の取り扱い銘柄数が比較的多い
  • 高いセキュリティなので安心して取引できる
  • 流動性が高いのでスムーズに取引可能

ビットバンクは取引所(板取引)で取り扱っている銘柄数が18種類と多いです。

そのことから販売所で取引する必要がなく、スプレッドを気にせず取引が可能となっています。

取り扱い銘柄数
販売所15種類
取引所(板取引)18種類
引用:bitbank

そのほか、セキュリティの高さや流動性の高さなどに評判が良く、

安心して取引できる取引所の一つとしてかなりおすすめです。

GMOコイン

おすすめポイント
  • 取引所(板取引)の取り扱い銘柄数が国内取引所で一番多い
  • GMOインターネットグループの会社なので比較的信頼性は高い
  • セキュリティ対策が万全

GMOコインは取引所(板取引)の取り扱い銘柄数が21種類と国内で一番多いです。

こちらもわざわざ販売所で取引する必要がないので、スプレッドを払う必要がなくお得に取引することができます。

取り扱い銘柄数
販売所19種類
取引所(板取引)21種類
引用:GMOコイン

さらにGMOインターネットグループの会社なので比較的セキュリティなどの信頼性は高いと言えます。

FTX JP

最後にFTX JPについて解説します。

おすすめポイント
  • STEPNで使用されるソラナ(SOL)の取引が可能
  • 日本円の入金・出金手数料が無料

FTX JPはSTEPNでも使用されるソラナ(SOL)が取引可能な取引所です。

わざわざ海外取引所に送金してSOLを購入せずとも、

FTX JPでSOLを購入して直接STEPNに送金することで手間を省くことができるメリットが大きですね。

そのほか、アルトコインも比較的多く、幅広く取引可能です。

取り扱い銘柄数
販売所12種類
取引所(板取引)12種類
引用:FTX JP

さらに、日本円の入金・出金手数料が無料となっています。

これはSTEPNで稼いだお金を、他の取引所よりも多く受け取れるので、かなりお得な取引所だと言えます。

まとめ

今回は、「STEPNを始める人がコインチェックを利用すると損する理由」

「STEPNを始めようとする人にコインチェックを勧める内容の記事が多い理由」

「おすすめの国内取引所」などを解説しました。

本記事の要約
  • コインチェックは取引所(板取引)の取り扱い銘柄数が1種類(BTC)だけしかない
  • 仮想通貨取引所には販売所取引所(板取引)の2種類の取引方法がある
  • 販売所で取引するとスプレッドでかなり損する
  • 取引は必ず取引所(板取引)で行う
  • コインチェックがゴリ押しされる理由は勧める側が儲かるから
  • コインチェックは今後BTCしか取引しないという人におすすめ

日本の仮想通貨取引所には販売所という取引方法があります。

ここで取引するとスプレッドによってかなり損します。

なので、STEPNは始める人はもちろん、それ以外の仮想通貨を始めたい人は取引所(板取引)での取引を心がけましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました