【節約しよう】携帯とインターネット結局どれが一番安く済む?

PHONE&INTERNET

こんにちはリョーです。
今回は現代人必須とも言われる携帯とインターネットについて解説します。
今回

全て網羅しているわけではありませんが、
某大手携帯電話会社で働き、社内のMTGなどを多々経験した自分の情報から、
選りすぐって携帯電話会社が行う商売の意図、裏の裏の意図から実際におすすめの会社まで、
今回はざっくり解説します。

今後は細かい記事も書いていきたいと思います。

先日こういったツイートをしました。

携帯電話は大手キャリアに依存しすぎている

大体、みなさんご利用している携帯電話のキャリアは某大手3大キャリアが多いですよね。
ここではA、B、C社とします。

昨今よく言われていますし、総務省も色々模索してるし、社会現状にもなっていますが、

  • 違約金が高い
  • そもそも海外に比べて携帯電話の料金が高い
  • 端末0円が禁止されてなくなる!?

ってよく耳にしますよね??
こういった話が出ていても、まだまだ大手キャリアを利用している方は多いと思います。

そこからさらに格安SIMが出てきて・・・・
わけわからなくなっているか、損している方のが多いですよね。

そして元大手携帯電話会社勤務の僕が「答え」を「シンプル」に掘り下げていきます!!

結局どこの会社で契約するのがいい?

これは正直、ここがいい!!!といったキャリアはありません。
それよりも自分に合ったキャリアを探すのが大事です。

書くキャリアの特徴をなるべくシンプルに記載しますね。(もちろん僕が勤務していた会社もここにあります笑)

■NTTdocomo
・料金は他キャリアよりも少し高いが、サービスや顧客サポートの品質が高い。
■au
・料金や品質面においてもdocomoとSoftbankの中間ぐらい。
■Softbank
・料金が安い、シンプル。サポート品質はauよりかは低い。

NTTdocomo
料金や打ち出すプランに革新的なものはなく、長期ユーザーを大切にしているイメージ。
しかし、お金はきっちりとります。ユーザーサポートも整っている。いうまでもなく超安定基盤のキャリアですね。
料金プランや機種などについては、いつも先端を行くSoftbankやauより一歩遅くついていきます。
古い風習も残っていますが、大きな不満はないキャリアですね。

au by KDDI
Softbankのケツ追いです。シンプルなプランで分かりやすくなったのもの最近ですが、ちょうどいいプランがありません。しっかり商売してます。
カスタマーサポートの業務委託を請け負っているエボルバは顧客品質の対応にかなり力を入れており、品質は高いです。
しかし、お客様相談室は3大キャリア中最低の対応をします。auの本質というか闇は結構あります。
個人的にはSoftbankのケツを追い、かつdocomoには負けないよう踏ん張ってるイメージがあります。
インターネットサービスのau光においては別途後述します。

Softbank
安さや画期的なプランでは一番ノリがいいキャリアですね。
ただ、現時点は他キャリアと料金はほぼもう変わりませんね。
カスタマーサポートはまずまずの品質です。料金調整とかバンバンしてくれますよ。
これからの期待も込めて、一番何かしら可能性のあるキャリアです。AIなどの導入にもかなり力を入れてきています。

ごめんなさい。抽象的ですが上記3キャリアのイメージです。
こっから選べと言われても、どこも競争しているので結論3大キャリアならもうほぼどこも変わりません。
好みと、少し違いのある細かな点で選べばいいと思います。

格安SIMの存在

さて、ここに格安SIMの存在がでてきます。
最近は何社も出ていてさすがに把握できませんね。
比較する記事は後日書いてみたいと思います。

インターネットについて

使う人使わない人分かれると思いますが、
まず選択肢は「固定回線」「無線」
次に固定であれば「フレッツ」「コラボ」
無線であれば「固定回線にオプションをつける」か、「SoftbankAir」か、「その他」になると思います。

そしてさらに、

・固定回線
フレッツ光とプロバイダ契約のセットか、au光

・無線
SoftbankならAir一択
その他WiMAXなど

と選択肢が分かれます。

インターネットに関しては、携帯電話のキャリアと合わせるのが一番安いです。
しかし、格安SIMの場合は?となるとまた話が変わりますので、以下にまとめます。

結論、どの組み合わせがいいの?

わかりきったこと言います。ごめんなさい。
使い方によります。

携帯の場合

  1. 機種にこだわりがないまたは既にもっている機種でいい → 格安SIM
  2. 機種もほしい → 三大キャリア

ここに正直差はありません。
しかし、キャリアを契約し、途中で違約金を払ってでも解約し、格安SIMに乗り換えるのがランニングコストが一番低いです。
ただ、機種代金などが残っていない前提です。

ということは、一番安く済む方法は、、、、

端末0円のキャンペーン時に携帯を買い、途中で格安SIMに乗り換える

でした。

インターネットの場合

完全に使い方によります。
例えば、
ゲームしたい、ゲーム配信したい → 無線は論外。安定する固定回線がいいと思います。
格安SIMを使っている  →  AirかWiMAXとか。
三大キャリア  → キャリアが出している各種光コラボ

で間違いないと思います。

まとめ

本日はまだまだざっくりした記事ですが、
今後細かいところは詰めていきたいと思います。
とにかく端末が0円ならば格安SIMに乗り換えるべきです。
格安SIMはサポートが充実していなのと、ネット速度が込み合う時間帯にかなりきつくなるという欠点がありますが、
特に速度に関してはYmobileやUQmobileならもはや問題ないレベルです。
そしてインターネット回線はそれに合わせて使う、というのが一番いいと思います。

今後具体的に料金表で比べてみたいと思います。お楽しみに。