「うつ病」に効果のあった事

HSP LIFE

みなさんおはこんばんにちわ。
今回は「うつ」について記載していこうと思います。

誰しも経験するうつ

人間だれしも、失恋すれば胸が苦しくなったり、
会社でいやなことがあれば気分が落ち込んだり、
世の中の不条理に出くわせば感情は変化しますよね。

ただ、うつ病は脳内の分泌物と関係があるといわれています。
ようは、ただ元気がないとかそういうレベルじゃないんですね。

筆者はコールセンターのチーフをしており、毎日不条理との闘いでした。
チームのメンバーは基本やる気がなく、お局さんは毎日文句を言い、女同僚からは毎日キレられ、上司もやる気がなく不平等。
こちらから進言しても何も変わらず、ふてくされればそういったところはちくちく・・・そしてお客様のクレームの3次対応とか、、、常にストレスとの闘いでした。
元々まじめな性格だったため割り切れず、それでも一生懸命やろうとしたところで限界がきました。
そして仕事を勢いで辞めるんですが、結婚を心に決めていた最愛の人にフラれてしまうという負の連鎖によって、うつ病になりました。

朝から晩まで本当に絶望しかなく、起き上がるのも無理、起きてても無理、「死」しか頭にない。
味覚も感じず、寝れず、年甲斐もなく友達や親に泣きつき、今思うと本当に自分だったのか?と思うレベルです。



どうやって克服したのか

効果のあったと思う事柄は以下です。

  • 友達と遊んだ、話を聞いてもらった
  • 環境を変えた
  • とにかく寝た、がんばるのをやめて自分は病気なんだと受け入れた
  • 服薬
  • 軽い運動
  • 根本的な原因を取り除く

・友達と遊んだ、話を聞いてもらった
気の合う人と一緒にいれば、多少気はまぎれました。
ただ、家に帰ればあっという間に元通り。ただ、何度か繰り返した事で徐々によくなりました。
3か月程経ってまた友達とバカ騒ぎした時、久々に「幸せだなあ」って思いました。
まずは身近な人を頼ってみてください。最悪親でもいいと思います。
人は一人で生きていけないということを今では強く思います。

・環境を変えた
ストレスのない環境に身を置きましょう。
一人がつらいなら実家に帰る、実家が嫌なら出る、友達といたいなら居候させてもらう(強引)
これは人それぞれだし難しいと思いますが、かなり効果ありました。

・とにかく寝た、がんばるのをやめて自分は病気なんだと受け入れた
これが友達と同じぐらい効果があったと思います。うつ病を詳しく解説しているサイトにも、

休むことは悪いことではありませんし、「何かやらなければ」とあせることもありません。休養をとることは、うつ病から回復するために非常に重要です。

と、記載があるぐらいです。
自分はとにかく堕落してる、怠惰と思われてもいいぐらいすべて放棄しました。
何にもせず周りにとにかく甘えました。そして、寝たい時に寝て起きたい時に起きて、頑張ることをすべてやめたんです。
年齢的な焦りや体裁、収入がない、税金払えない、そんな考えもすべて捨てて、携帯でマンガ読んだりアニメ見たりしてました。
そしたらいつのまにか、だんだんと復活していきました。

服薬
一番最初にしたのがこれ。
お医者さんに相談しました。
服薬はすぐに効果が出たんですが、解決度としては低かったかもしれません。
実際、体感は微妙でした。服薬以上のストレス(例えば服薬してるけど環境が悪いなど)があると、まったく効果がないようにも思えました。
ただ、実は薬のおかげで治ってるのかな?という可能性もあります。
服薬については依存性や体内への影響など賛否両論あるのでおすすめできません。
ただ、限界の時はどうしようもないので、本当にすぐお医者さんに相談することをすすめます。
お医者さんに行かなければ自殺しかねない状況でした。
加えて、不眠だということを申告すれば睡眠薬を出してもらえます。それはかなり助かりました。

運動
これも多少は効果があったのでは?と思います。
運動することで体内の血流がよくなるという意見もありますね。
頭に血が回って分泌物がよく回るんでしょうか。真偽は不明です。
ただ、なるべく歩くようにはしていたので、効果はあったように思えます。

根本的な原因を取り除く
(2019/9/8追記)実際うつ病と診断されてから半年たちますが実際まだ治っていませんでした。。。
気分に波があり、操転したと思えば思いっきり鬱になったり、一時期本当にひどくなり入院するかどうかまでいきました。
もはや休むこともストレスだったのです。
そこで不安が来る前に思いっきり作業したり努力してみました。
無駄な時間をとにかく作らないようにしたところ、考えてる暇もなく一日が終わり、
不安に襲われる時間は少なくなったように思えます。

なんとかがんばれ!!!

どんなに限界でも上記のことを3か月続けてみてください。必ず治ります。
絶対にあきらめないでください。本当に、ついこないまでの自分が嘘のような時が必ず来ます。
周りで離婚などで同じような状態になった友人もそうでした。
お医者さんにもそういわれました。うつは治る病気です。