仮想通貨とは?このような疑問を簡単に解説していきます!

仮想通貨
この記事は約6分で読めます。

・仮想通貨がそもそも何なのかよくわからない。

・興味はあるけど何となく危なそうだから怖い。

・なんで実物がない電子データなのに価値があるの?

このような疑問に答えます。


仮想通貨とは?

仮想通貨とは、電子データのみでやり取りされる独自の通貨のことです。

つまり日本円は500円や1000円のような硬貨や紙幣のような物質がありますが、仮想通貨には手に取れるような物質がなく、使用される通貨も日本円や米ドルではなくBTCやETHなどになります。

ですが、仮想通貨は日本円や米ドルと同様にサービスを受けたり、買い物をしたり、他の通貨と交換したりすることも可能です。

仮想通貨暗号資産(crypto-asset=クリプトアセット)デジタル通貨などと呼ばれたりします。


仮想通貨と電子マネーはどこが違う?

仮想通貨って電子マネーに似てるけど、どんな違いがあるの?

仮想通貨について簡単に説明しましたが、電子マネーに似てると思った方もいると思います。

仮想通貨と電子マネーはどちらも似ていてデジタル通貨として呼ばれますが、結論は別物です。

まず一つ目の違いが、電子マネーは日本円や米ドルなどの法定通貨の形を変え、デジタル化した物です。

ですが仮想通貨は、日本円などの法定通貨を使用せず独自の通貨(BTC/ETHなど)を使用しています。

仮想通貨といえばビットコイン(BTC)が有名ですね!

BTCはビットコインの、ETHはイーサリアムの通貨の単位です。(日本の通貨の単位は円)


二つ目の違いは、電子マネーは『中央集権型』、仮想通貨は『非中央集権型』といった違いです。

中央集権(ちゅうおうしゅうけん、英語: centralization)とは、

狭義では、行政や政治において、権限と財源が中央政府(国家政府)に一元化されている形態。

広義では情報収集と決定権が本社(本部)に一元化されている組織。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


簡単に解説すると、中央集権型はトップにボスやリーダーが存在する組織で、例えるなら主将や監督がいる部活動みたいなものです。

電子マネーは日本円が使われているのでトップには日本銀行がいますし、電子マネーのサービスにはそのサービスを提供している企業などが存在します。

ですが、仮想通貨は非中央集権型なので中心的な存在(政府や企業など)がおらず、みんなで協力して通貨の発行や管理をしているという特徴があります

仮想通貨(BTC /ETHなど)電子マネー(日本円、米ドルなど)
発行・管理者特定の管理者がおらず、参加者のみんなで分散管理(非中央集権型)日本銀行など、特定の管理者いる(中央集権型)
使用通貨独自の通貨を使用(BTC /ETHなど)法定通貨を使用(日本円/米ドルなど)
種類ビットコイン(BTC)/イーサリアム(ETH)などSuica/WAON/au WALLETなど


仮想通貨の価値を支えているのは「ブロックチェーン技術」

仮想通貨はどうして日本円や米ドルなどの通貨と同じように使用できるの?

仮想通貨に関して調べるとこのような疑問が生まれますよね。

例えば日本円や米ドルの価値は政府の信用によって裏付けられます。

具体的にいうと「日本円は日本が発行・管理しているから、よっぽどのことがない限り1万円の紙幣は1万円分の価値が保証されるだろう」と多くの人が思って信頼していることで価値が生まれます。

ですが仮想通貨には特定の政府や中央銀行が発行・管理をしていないですよね、そうなると仮想通貨の何を信用すればいいのでしょうか。

そこで使われるのが『ブロックチェーン技術』です。

ブロックチェーンとは

ブロックチェーンとは、仮想通貨の基幹技術で、通貨の売買などの取引履歴を管理しておく、台帳のような役割をインターネット状で行う技術です。

そして一定量の仮想通貨の取引データをまとめて一つにしたものを『ブロック』と呼びます。

その後、取引データをまとめた『ブロック』が時系列順につながっていき、一本の鎖(チェーン)のようになることから『ブロックチェーン』と呼ばれています。

ブロックチェーンとは


ブロックチェーンの特徴

  • 取引を仲介する者が必要ない
  • 不正が非常に困難
  • システムダウンが起きない

ブロックチェーンはこれらの性質があることで、安全に取引できるという信頼が生まれ仮想通貨の価値を支えています。

取引を仲介する者が必要ない

ブロックチェーン技術を使っている仮想通貨では、通貨のやり取りをする際に第三者に仲介してもらう必要がありません。

ですが従来のインターネット上の取引の場合、個人間で直接お金のやり取りはできませんでした。

例えば、AさんがBさんにお金を渡したい場合、手渡しなら個人間で取引が行えますが、インターネット上で送金するとなるとどうしても間に金融機関が入る必要があります。(中央集権型)

ですが、ブロックチェーンを使用することにより、みんなが同じ情報を共有して管理することで不正を防ぎ、サーバーにかかる負荷も分散することで取引をスムーズに簡単に行えるようになりました。


ブロックチェーン技術によって、みんなの情報データを一元管理する第三者がいなくても、個人間で安全なインターネット上のデータのやり取りが可能になりました。

ブロックチェーンの特徴

日本円などは銀行などを仲介しないと取引ができませんが、ビットコインなどの仮想通貨であればブロックチェーン技術により個人間で直接取引が可能になります。


不正が非常に困難

ブロックチェーン技術を使っている仮想通貨では、不正をすることが非常に困難です。

理由は、複数のコンピュータで同じブロックチェーンのデータを分散管理しているので、不正によって一部のデータを書き換えられるようなことがあっても瞬時に検出できるようになっているからです。

簡単なことではないですが、もし従来の中央集権型の場合、改ざんしたければデータを一元管理している中央のサーバーを書き換えれば改ざん出来てしまいます。

ですがブロックチェーンの場合、仮想通貨の参加者が1万人いて、みんなが同じ取引履歴のデータを持ってるとします。

その中の一人の人間が取引履歴を改ざんした場合、他の9999人の持っている取引履歴と違うのがすぐに分かり不正を見つけることが出来ます。

こういった事がブロックチェーンが安全だと言われる理由です。

ブロックチェーンの特徴

ブロックチェーンに使われている『ハッシュ』という暗号化技術がデータの破損や改ざんを瞬時に検出し、不正を防いでくれます。


システムダウンが起きない

ブロックチェーンは『P2P』という技術で同じブロックチェーンのデータを複数のコンピュータで分散管理しているので、一部のコンピュータがダウンしても完全に止まることはありません。

さらにデータを分散管理することによって負荷も分散することができ、比較的回線が軽く処理速度も速いという特徴があります。

ブロックチェーンの特徴


まとめ

  • 仮想通貨とは、電子データのみでやり取りされる通貨のこと
  • 仮想通貨には、硬貨や紙幣などのように物質がない
  • 仮想通貨には『ブロックチェーン』という技術が使われていて、この技術が仮想通貨の価値を支えている基幹技術
  • ブロックチェーンとは、取引の履歴を保存しておく、デジタルな台帳の役割を持っている
  • ブロックチェーンによって、仮想通貨の取引に仲介する第三者が必要なくなった
  • ブロックチェーンによって、みんなが同じデータを分散管理することによって、一部のデータが改ざんされてもすぐに検出できるようになった
  • ブロックチェーンによって、コンピュータにかかる負荷も分散できるのでシステムダウンが起きなくなった

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました