【仮想通貨】リブラの可能性について

CRYPTO

おはこんばんちわ。リョーです。
今の時代賑わっている仮想通貨について書いていこうと思います。

実は筆者もバブル全盛期に仮想通貨へ投機しており、
仮想通貨で100万以上の儲けを出しました。(当時種銭がなかったので、全く投資できなかったにもかかわらずこのぐらいの利益・・・)

いやーバブルってすごいですよね。
スマホ見るたびに桁が変わっていくのはとてもびっくりしたのを覚えています。

ただ、一通りバブルは落ち着いたかなと思っています。
全盛期ほどの盛り上がりはなく、伸びしろもなくなりましたね。

そこで最近話題性の強い「リブラ」についてどういったものなのか?今後の可能性は?と解説していきたいと思います。
では掘り下げていきましょう。



リブラとは?

あのFacebook社が2019年6月18日に発表した
スマートフォンを介して利用者間で送金したり、買い物の決済に使ったりすることを想定する。
リブラの発行組織には米マスターカードや米ビザなど有力企業が名を連ねるようです。
フェイスブックは世界で約27億人の利用者を抱えており、決済に向く仮想通貨として普及すれば、とても大きな可能性になりますよね。

リブラの目的

リブラは支払いや送金を主に目的とするようです。
まるでメッセージや写真を送信するかのような、直感的にお金のやり取りができるようになります。

リブラとビットコインの違うところ

ビットコインとも原則としては同じようなものですが、
Libraはビットコインとは異なり「ドル」「ユーロ」「円」「英ポンド」といった法定通貨によって支えられた安定した価値を持ちます。

いつからら使用できる?

Facebook社は、Libraの一般公開を2020年前半に予定しています。
それまでに解決しなければならない問題や障害があるため、リリース時期が遅れる可能性は十分あると思っています。

Libraの管理を担当するスイスの協会は、Libraの設計について金融規制当局の承認を得なければならず、
さらにLibraを支えるための法定通貨を保有しておく銀行も見つけなければならないという状況にあります。

まだ、少し先になりそうですね。
しかし、近い将来「お金」に対するイメージや世の中のお金に対する使い方が、ガラッと変わる可能性がありますよね。

もっと具体的な使い方はあるの?

今のところ、Facebook社は「FacebookMessenger」「WhatsApp」のサービスを利用している、約27億人のユーザー全てにLibraを提供する意図があると述べています。
またソーシャルネットワーク上の広告などの支払いにもLibraが使用できるようにする予定であるというので、これはすごいことですよね。

更にFacebookはCalibraという子会社を設立し、Libaraの送金・預金・支払いが可能となるサービスをCalibraウォレットで提供していくとのこと。
使い方も幅も、夢が広がりますね。また、UberやSpotifyなどのパートナー企業のサービスでも、Libraの使用が可能になることを望んでいるといいます。

投機対象になるのか?

まずリブラはまだ買うことができません。
こちらは2020年に実装予定となっているので、今のところは何処を探しても取り扱っている取引所はないです。
こちらは注意しておきましょう。

ただこのリブラの買い方については2種類の方法が考えられます。

取引所での購入(トレード)
リブラ協会にリザーブ

今後の展開次第では内容が変わるかもしれませんが、簡単に解説していきます。

取引所での購入(トレード)

こちらは一般的な方法での入手法です。
仮想通貨取引所にリブラがリストされることで、既存の仮想通貨と同じように取引を行うことができるようになるでしょう。
おそらくですが、まずこのリブラは海外の取引所に上場する可能性が高いので、その場合はビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)などと交換ができるはずです。
いち早くこのリブラを入手してみたいという方はあらかじめBTCなどの仮想通貨を用意しておくことで、実装後スムーズに取引が行えると思います。

リブラ協会にリザーブ

もう一つの入手方法はリブラ協会からの発行です。
リブラ協会と言っても具体的にはリブラ協会が認可た業者ですね。これらは上記で説明した取引所も含まれることとなります。
こちらはまだ詳細が判明していませんが、複数の国の法定通貨や短期国債を裏付けとし、これらと同等の価値のリブラを入手することができるようになるはず。
ただこちらは一般的な入手方法ではないので、基本的には取引所にリブラが上場した後に仮想通貨などを使って取引を行い入手するというのが一般的になるでしょう。

まとめ

これまでの仮想通貨や現存する仮想通貨より、思い切り可能性を感じますね。
やはりあのFacebook社が提供すると考えると、本当に世の中のお金の流れががらっとかわりそうです。
今のうちに投機対象として準備しておくのもありかと思います。
どこかのタイミングでまたバブルなんてことも、ありえそうですしね。

以上